医療リテラシー 

精神外科とかいうマジキチ医学

精神外科とかいうマジキチ医学wwwwwww
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1415865619/
1 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:00:19.55 ID:nXlH7Qle0.net
http://livedoor.blogimg.jp/nanjkuji/imgs/7/4/74c9874c.jpg

頭おかC

3 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:01:10.92 ID:6eKY8IMI0.net

ドグラマグラ読んだら面白そうな学問に思えた

4 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:01:12.47 ID:pBf7ICDn0.net

ええ・・・

5 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:01:26.21 ID:nXlH7Qle0.net

よくこんなの思いつくよな
物理的に脳いじるとか怖すぎィ!

6 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:02:32.50 ID:nXlH7Qle0.net

一応結果が出ることもあるにはあるらしい
なおリスクが尋常じゃない模様

7 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:02:37.47 ID:vSvdqPjp0.net

これなにやっとるんや?

15 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:04:47.39 ID:cW8GDvmk0.net

>>7
前頭葉チョッキンしろるんやで~

17 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:05:08.60 ID:C2JYlb6Va.net

>>7
目からアイスピックみたいなんいれて前頭葉ザクー

8 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:03:33.53 ID:nXlH7Qle0.net

>>7
こっちのほうがわかりやすいかも

http://livedoor.blogimg.jp/nanjkuji/imgs/7/2/72d29b72.jpg
14 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:04:47.10 ID:uCwId3kG0.net

>>8
これでも死なないんだな
やっぱ人間てすげーわ

21 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:05:34.70 ID:b5mqwpiXK.net

>>14
2~3割は死ぬんやで

20 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:05:24.09 ID:vSvdqPjp0.net

>>8
精神科とちごて精神外科なんかあるんか…たまげたなぁ…

前頭葉いじっててんかんかなんか治そうとしてるんやろか

27 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:06:48.24 ID:nXlH7Qle0.net

>>20
日本では1975年まで行われてたやで
今やったら各種団体から血祭りにあげられる

32 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:08:17.39 ID:vSvdqPjp0.net

>>27
そらそうやろなぁ

救急で頭蓋内圧亢進して他にどうしようもない時は前頭葉切ってスペースつくったりするやで

10 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:04:32.69 ID:2++r++PDd.net

パーキンソン病とかだと植え込み有名じゃん
その一環だと思えば

26 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:06:31.70 ID:pf1mBC3q0.net

>>10
パーキンソンは電流流すだけやん

11 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:04:41.42 ID:nXlH7Qle0.net

臺とかいうド畜生
日本も決して無関係ではない模様

12 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:04:42.22 ID:JPaTaT42a.net

これロボトミー手術?

16 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:04:59.89 ID:nXlH7Qle0.net

>>12
せや

18 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:05:13.62 ID:3Sv4dcA20.net

なんでこれで死なないんや
脳みそに異物とか絶対死ぬやろ

24 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:06:03.78 ID:vSvdqPjp0.net

>>18
前頭葉は生きるためにはあんまり必要ないからな

30 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:07:54.00 ID:cW8GDvmk0.net

>>18
前頭葉と他の脳との繋がってる部分を切ってるだけだから

22 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:05:53.90 ID:C2JYlb6Va.net

なおノーベル賞とったもよう

25 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:06:03.82 ID:nXlH7Qle0.net

日本でも昔あったよな
ロボトミー事件ってやつ
復讐心が手術の効果で薄れる前になんとか復讐したとかやんなあ
人間の尊厳をかけた復讐

28 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:07:08.92 ID:6xNrogp3x.net

>>25
なお死んだのは医者の嫁の方の模様

31 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:08:01.52 ID:JPaTaT42a.net

>>28
ある意味、医者本人が殺されるよりダメージでかいな

54 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:14:05.34 ID:8qOqsOgF0.net

>>31
死んだらそいつの苦しみはそこで終わりやから
ただしい復讐やな

42 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:10:02.44 ID:Tf3u1DGm0.net

>>25
マニラの件は悲しかった

29 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:07:36.90 ID:nXlH7Qle0.net

どちらかというと精神鑑定が適当すぎたのが一番の問題みたい
なんでもかんでも精神異常って判定して次から次へと手術かけてったみやいやし

40 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:09:54.86 ID:b5mqwpiXK.net

>>29
当時は他に手段なかったしなにしろ暴れまわってたんが大人しくなるし夢の治療法って思われとったんやろな

33 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:08:51.63 ID:AKXdk/5+0.net

これはどうなったら成功なんや

39 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:09:41.33 ID:cW8GDvmk0.net

>>33
感情がなくなったら成功

45 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:10:33.10 ID:nXlH7Qle0.net

>>33
統失を大人しくさせられたら成功
だから患者の感受性がどーんと低下してるのである意味成功

35 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:08:58.08 ID:nXlH7Qle0.net

こんな適当な手術が世界中で賞賛された事実

43 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:10:02.61 ID:vSvdqPjp0.net

>>35
マラリア使って神経梅毒治す方法でノーベル賞とったヤツおるくらいやししゃーない

36 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:09:02.29 ID:7CbiWowBp.net

これ治療という名の人体実験なんじゃねーの?

44 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:10:32.79 ID:UuoP0Lk+0.net

言うて脳外科も凄いことやっとんで
盲目の人の頭に機械突っ込んで見えるようにしたりとか

46 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:11:16.21 ID:nXlH7Qle0.net

前頭葉の一部を切除するか破壊してしまうことで患者の感情は壊死したように働かなくなり完全におとなしくなる、凶暴な精神病患者や自殺癖のある鬱病患者に絶大な効果があるとされた手術
1935年にアントニオ・デ・エガス・モーニスという神経学者が考案した療法で、ノーベル賞を受ける
1950年代に入って後遺症などの欠陥が次々と指摘され、1960年代には人権思想の高まりもあってほとんど行なわれなくなった

51 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:12:31.35 ID:nXlH7Qle0.net

手術はほぼ医者の経験任せというかほとんど勘という
けっこうな有名人の身内にもロボトミー手術のせいで廃人化ってケースがチラホラと

53 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:13:55.08 ID:nXlH7Qle0.net

瀉血
回転機械(タイムショックのあれ)
マラリア血液を脳に注入
ミルクサンバルサン

むかしの治療はクレイジーだな

59 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:15:47.22 ID:eF8PuPXs0.net

見てると気持ち悪くなってくる

62 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:16:54.55 ID:qv15QeQG0.net

まぶたの下からアイスピック入れて前頭葉グチュグチュにして終わりやで~なお麻酔なし衛生面はポイー
これでも当時は最先端の治療法だった模様

63 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:17:21.85 ID:nXlH7Qle0.net

まあ重度のてんかん持ちの場合は脳梁っていう右脳左脳をつなげている部分を切断するっていうが非常に効果的で
今でも比較的行われてるケースなんだが、ここらへんはもしかしたらロボトミー時代にしっちゃかめっちゃかやったからこそ
生まれたものかもしれんなぁ

69 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:19:05.79 ID:zoE4QPCK0.net

>>63
脳繋げてる部分切って平気なんか

72 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:20:39.85 ID:nXlH7Qle0.net

>>69
まあこの手術がオプションのひとつとして挙がる時点でかなりヤバイレベルのてんかんなんやけどな
行われるってことは実際に発作による自傷のリスク>>>>>手術のリスクことやし

73 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:20:40.76 ID:vSvdqPjp0.net

>>69
生きるために大脳よりも中脳、小脳、脳幹、延髄とかの方が大事やからな

64 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:17:24.63 ID:5OvJ/MTW0.net

まあでも医学は障害者によって進歩してきた分野やから多少はね…

67 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:18:22.52 ID:nXlH7Qle0.net

昔は精神病やらの原因も治療法も対処法も全くといっていいほど存在してないからな
病院に閉じ込めるか薬を大量に使って押さえ込むしかなかった
外科手術でそれがなんとかなるらしいとわかったらそりゃ飛びつく

82 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:24:06.56 ID:nXlH7Qle0.net

こんな感じで前頭前野との連絡経路を切っちゃう
めっちゃかき回してて草

http://livedoor.blogimg.jp/nanmk/imgs/4/b/4b1f4424.jpg
83 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/11/13(木) 17:24:37.96 ID:Lts89YGQ0.net

>>82
脳って雑に扱っても結構なんとかなるんやな

RECOMMEND

精神を切る手術―脳に分け入る科学の歴史
ぬで島 次郎(著)
岩波書店 2012年

脳の中を切るロボトミーなどの精神外科は、非人道的な手術として、日本では封印された。しかしそれは、「過去のあやまち」として片付けてよいものではなく、現代の脳科学の研究・臨床とさまざまな形で関わっているのではないか。「精神を切る手術」の歴史から考える、刺激的な脳科学論。

関連記事

RECENT POST

CATEGORY